スマホだけじゃなく固定電話も使える

Point 01 店舗には電話機、代表者様はスマホを利用 店舗で電話を受ける際には、スマホだと見栄えが悪い場合もあります。 GoodLineSOHOならLANケーブルにつなぐことでSIP電話機※1も利用可能なので 店舗で電話を受ける場合は固定電話機を利用して、外出先や電話機から離れた場所では スマホで電話機と同じ固定電話番号で通話するといった運用が可能です。 加えて電話機で通話中の通話を切断せずにスマホに飛ばしてそのまま外出もできます。 Point 02 店舗と出先で稼働状況をリアルタイム共有 GoodLineなら「取込中」や「休憩中」などの稼働状況を ボタンひとつでリアルタイムに共有できるので、 店舗に従業員様がいらっしゃる場合は電話をうけていただき、状況を見て電話を内線転送してもらうこともできます。 もちろん店舗とスマホ間の内線通話は無料です。 Point 03 利用デバイスはいつでも入れ替え可能 利用中の電話機のアカウントを他のスマホに入れ替えるだけで...

全通話録音であらゆるリスクを回避

Point 01 言った言わないのトラブルを回避 注意していても発生してしまう恐れのある電話応対でのトラブルも、 1年分の通話履歴と通話録音が残るので応対履歴をさかのぼって確認し、適切な対応をすることができます。 言った言わないのトラブルから自社を守るためにも長期の録音保存が有効です。 もちろん録音を録る録らないや聞ける権限も柔軟に設定可能です。 Point 02 聞き間違いをなくしメモを取れない出先でも安心 通話相手やこちらが忙しい時に起きてしまいがちな聞き間違いも、内容をあらためて確認できるので安心。 また出先で通話していてメモが取れないような場合でも、後からゆっくりと内容を確認できるので 聞き直すようなこともなくせます。 Point 03 電話代行を利用する場合の内容確認にも利用できる 個人事業主の方や業務に集中したい方で電話代行を利用して着信を転送する場合、 電話を任せる先の業者様の対応や通話内容も通話録音から確認ができるので安心できます。...

通話メモ機能でこれまでの非効率を効率化

Point 01 通話履歴をカテゴリー分けできる GoodLineではあらかじめ「折返し」や「クレーム」「要確認」などのよくある着信内容を カテゴリーとテンプレートで作成しておき、カテゴリー別に通話履歴に対してメモを登録する事が可能です。 そして残したメモのカテゴリーで通話履歴を絞り込んだりメモ内容の文言から必要な履歴を検索することもできます。 Point 02 折返し連絡をメール通知 着信を受けた際に担当者が不在で転送できなかった場合、これまでのように 代わりに伝言をあずかり、折返し連絡の希望を伝えるのに電話連絡やメール連絡、 付箋をPCに貼るなどの必要はなく、「折返し」や「伝言」カテゴリーで登録した通話メモを ユーザーを選択してそのままボタンひとつでメール通知できます。 もちろんメールを受け取ったユーザーはメモ確認だけでなく通話内容も録音から確認でき これまで時間を要していた折返し時の伝言作業が効率化されます。 Point 03 クラウド電話帳に時系列...

1年分の通話履歴と自動分析で「見える化」

Point 01 1年分の通話履歴が統括して残る すべての通話履歴が管理画面に集約され1年間残り、期間や通話状況、顧客名といった あらゆる条件で通話履歴を検索をかけて絞り込むことができるので 取引先との応対履歴はもちろんクレーム発生時の通話状況まで把握できます。 Point 02 電話帳未登録の番号でも何度目の着信かわかる 電話帳に登録していない、電話番号のみで表示される履歴にも、 その番号から何回着信しているか、何回こちらから発信しているかが表示されるので 発信に対しての折返しなのか、何度目の問合せなのかがわかります。 Point 03 発着信の内容を全自動で分析 発着信の本数や呼び出し時間、通話時間は全自動で分析され、 グラフと表で表示されます。発信・着信、電話番号やユーザー、期間や曜日などで 絞り込むことができるので、何曜日の何時台によく問合せが来ているかや、 どれくらいお客様を待たせているのかまですべて「見える化」されて ABテストや業...

アナウンスや転送をいつでもスマホで管理

Point 01 着信ルールをいつでも自由にスマホで設定 スマホからGoodLineの管理画面にログインしていつでも着信ルールの設定ができるので、 どの端末を着信させるかもボタンひとつで設定でき、もう1台のスマホが着信すれば 自分のスマホは着信しなくていい場合にも即座に着信を受ける端末を指定できます。 また日時や曜日で「営業時間外」や「休業日」のアナウンス設定も可能です。 Point 02 指定の秒数電話に出れない場合アナウンスや転送を動作 電話が指定時間とれなかった場合に混雑中の「アナウンス」を流したり、 時間差でもう一つの内線に着信を流したり電話代行に「転送」や「留守電」につなぐことができます。 普段から忙しくされている場合いつも電話に出れるとは限りませんが、個人の携帯電話宛と違い、 会社の固定電話番号宛にかかってきた電話がなりっぱなしになってしまうと印象がよくありませんが、 「アナウンス」や「転送」「留守電」というアクションをあらかじめ時間帯や曜日で設定でき...